お知らせ   【 DVstick購入代行 】  購入代行の実施決定  ( 7月限定掲載 )


 

DVstick30


DVstick30資料(英文)
こちらをクリック








AMBEdサーバーとDVstick33
【DVstick購入代行の実施について】
   VoIP Reflector Club / JQ1ZTNのクラブ改名とDVstickの提供者であるGuus氏の
  来日の記念として、先日発売されたDVstickの購入代行を行います。
   ご希望の方は下記の内容を記載の上、jq1ztn@gmail.com までご連絡ください。
   ・件名「DVStick購入代行希望」
   ・氏名
   ・コールサイン
   ・品目名  DVstick30またはDVstick33
   ・希望数
   ・送り先(〒、住所)
   ・電話番号
   なお、この度の募集はXRFリフレクター同好会とは関係ありませんので、ご了承ください。

【購入代行の品物】
   DVstick30:
      AMBEチップを使い1Channelが利用可能。
      ThumbDVとほぼ同等の機能を実現。
   DVstick33:
      AMBEチップを使い3Channelが利用可能。
      AMBEdサーバーに2個利用すると6Channelで3QSOに対応可能。

【購入費用目安】
   DVstick30:
    定価  95ユーロ   目安:13K〜15K円/個
   DVstick33:
    定価145ユーロ   目安:20K〜23K円/個
   ※ 為替レートや税金等により費用は変動します。
   ※ 購入費用には、本体代,輸入送料,国内送料,PayPal手数料,税金,義援金1K円が含まれます。

【今後のスケジュール】
   募集期間 :7月9日〜7月31日
   発注手続 :8月1日〜8月5日
   海外搬送 :8月6日〜8月19日
   ※ 商品到着次第、確定金額と振込先をご連絡致します。
   振込期間:8月20日〜8月22日
   国内発送:8月21日〜8月24日
   ※ 上記は目安としてお考え下さい。お手元にはハムフェア前の到着を予定しております。

【募集条件】
   ・開始3日目にして最低遂行個数10個を達成しましたので、
      購入代行の実施は決定されましたのでお知らせいたします。
   ・当クラブへの義援金のご理解・ご協力をお願い致します。

【当クラブ紹介】
   ・VoIP Reflector Clubは、以下のサポートを行っています。
     @ XLXネットワークの Interlink接続サポート
        「リフレクター接続相関図」等の情報提供
     A XLXレフレクターの構築サポート
     B 公開ノードの構築サポート
     C LINEグループの運営・管理
        「XLX Users アライアンス」
        「XLX Owners アライアンス」
     D ドメイン名「xreflector-jp.org」維持管理
     E「XRFリフレクター同好会」との協業

   ・下記のレフレクターを運営しています。
      ◎ D-STAR  :  REF076 サーバー
      ◎ DMRplus:  DMRmaster (JAPAN-Master), IPSC2-Japanサーバー

      ※ XLXレフレクター(XLX076,634,673,973,781)は各クラブ員の個人運用です。
      ※ 将来、DMR(BM)の運用も検討しています。

   最後に、当クラブは日本におけるリフレクターの発展に寄与できるように努めて参りますので、
  皆様のご支援をよろしくお願い致します。

VoIP Reflector Club /JQ1ZTN   
 
Downloads

 
資料名 イメージ 説 明 版 数
 

XLXリフレクター
紹介資料


   XLXリフレクターを紹介する資料です。
 初めてXLXリフレクターを利用される方はご参照ください。

XLXリフレクターとは
 

XLXリフレクター
接続相関図


   Interlinkにより接続されたXLXリフレクター接続状況を表した資料です。

2018.07.06
 

国内 Peers
グループ


   Interlinkにより接続されたXLXリフレクターの国内Peersグループ構成を表した資料です。

2018.07.06
 
BlueDV Software
ダウンロード集
 オランダ人のDavid PA7LIMが開発したBlueDVソフトウェアの提供先を紹介します。
 DVMEGA,DVStick,ThumbDV,AMBE等の各ノードとリンクし各種リフレクターに接続します。
Index
 

GMSKモデムによる
公開ノード構築資料

 GMSKモデムを利用して構築した公開ノード構築資料を公開しています。  構築にあたり、下記の各局のご協力に感謝いたします。
       NW6UP, JA6HOR, JR1OFP, JA5NUU
Index
 
RaspberryPIによる
XLX Reflector 2.0
&
ambed server
構築資料
 RaspberryPI(STRETCH)におけるXLX Reflector 2.0 & ambed server の構築に関わる資料を公開しています。 Index
 
RaspberryPI
WindowsPC
による
AMBE Server
構築資料
 RaspberryPI(STRETCH)やWinsowsPC における AMBE Server の構築に関わる資料を公開しています。 Index
 
XLXリフレクターに
接続する
DVMEGA マイノード
入手方法
 XLXリフレクターに接続するために必要なマイノード(HotSpot)やドングルが色々とありますが、安定して稼働し BlueDV ソフトと相性の良い DVMEGA とオリジナル基板を組み合わせたマイノードの入手先を紹介 しています。 リンクはこちら
 



© 2018 VoIP Reflector Club / JQ1ZTN